資料請求
お問い合わせ

物流用語集

GLOSSARY

物流用語集

「G」からはじまる用語解説

GATT(General Agreement on Tariffs and Trade)

1948年に発行した関税貿易一般協定のこと。
関税や各種輸出入規制などに関する貿易障壁を取り除き、多国間で自由貿易を維持・拡大するために締結された国際協定。95年1月よりWTO(世界貿易機関)に引き継がれた。

GCR(General Cargo Rate)

一般貨物賃率のこと。
航空貨物運賃で、CCR(品目分類賃率)、SCR(特定品目賃率)が適用されない貨物で使用される。

GIS(Geographic Information System)

地理的位置を手がかりに、位置に関する情報を持ったデータ(空間データ)を総合的に管理・加工し、視覚的に表示し、高度な分析や迅速な判断を可能にする技術。
出典:国土交通省ウェブサイト(https://www.mlit.go.jp/yougo/e-g.html)

GPS (Global Positioning System)

地球上の現在位置を調べるための衛星測位システムののこと。
航空機や船舶などの航行システムで使用されてきたが、近年はカーナビゲーションシステムや携帯電話でも使用され、位置情報を利用した様々なサービスが提供可能となった。

GSP(Generalized System of Preferences)

日本が「特恵受益国」と認めた開発途上国を原産地とする品目(一部の例外品目は除く)を日本に輸入する場合に、通常の関税率より低いか、あるいは無税(Free)の特恵税率の適用を受けて輸入できる制度のこと。