資料請求
お問い合わせ

社員インタビュー

INTERVIEW

社員インタビュー
ENTRY

国際物流オペレーション S.S

2007年入社

国際物流オペレーション S.S

仕事内容

pict-trading01

航空輸入貨物の通関士

私の所属する部署は、主に輸出入される物品に対して税関への通関の手続きを行っています。その中で私は、航空輸入貨物の通関士として働いています。具体的にはお客様から頂いた書類を基に輸入申告書を作成し、審査を行い、正しければ税関に申告する作業です。申告はシステムで行いますが、物品ごとに決められたコード(HSコード)があり、判断が付きにくいものがあれば直接税関に相談に行くこともあります。間違った申告をすると、お客様からの信頼ならびに国の貿易統計や関税の徴収にも関わってくるので間違いが起こらないよう、最新の注意を払って業務を行っています。

仕事のやりがい

pict-trading02

専門的な仕事なので
頼られるとやりがいを感じる

社内外の様々な関係者と連携をとる業務なので、必要に応じて関係者と連絡をとりながらスムーズに滞りなくその日の業務を終えられた時にはやりがいや達成感を感じます。
また、通関士は専門的な仕事なので他の部署からよく問い合わせを受けます。そうやって頼りにされると、やりがいを感じますし、モチベーションも上がります。

当社の強み

pict-trading03

様々な人と仕事した経験が
現在の業務にきている

入社した頃から海外のフィールドで活躍したいと考えていましたので、今後は出張などで海外に行って仕事をしてみたいです。自分の所属部署では仕事で海外に行く機会もあり、若手でもチャンスはありますので、ぜひ挑戦していきたいですね。また、現在では国際輸送の一部分の仕事しか経験していませんので、輸送全体の流れを知るために、通関部門など他部門の仕事も経験してみたいです。

資格取得の補助についてと学生へのメッセージ

資格取得の補助について

入社後、国内関係の部署に配属されたのですが、いつか国際関係の仕事がしてみたくて通関士の資格を取ろうと決めました。資格を取ると報奨金が出ますが、それだけでなく資格をとるために必要な教材も会社から補助が出るものがあるので、そういった制度を活用しつつ勉強しました。今は通関士として「通関士手当」を毎月もらっています。通関士の資格をとったことで、「通関士審査」が可能になり業務の幅も広がりました。

メッセージ

まだやりたいことが具体的に決まっていなくても、無理して焦って答えを出す必要はないと思います。就活をしていくなかで、だんだんと向き不向きが判ってくることもありますし、今まで興味がなかったものに興味が湧いてくることもあります。ゆっくりでいいので後悔しないような選択をしてください。