Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

物流用語集 ハ行



バース

船舶を停泊させるため、荷役が可能な施設と設備をもった所定の停泊場所のこと。
また、トラックターミナルなどでトラックを停めて積卸しを行うスペースもバースと呼ばれる。

パーセル

小包、小荷物のこと。

バーチレーター

荷物を水平にしたまま、垂直連続的に上下の搬送を行うことができる機器。

パーツショップ

物流業者が自前で持つ部材のストックポイント。
ベンダーからの部材の供給を行うのに、物流業者が自前で部材のストックポイントを持つことにより、生産工場にタイミングよく供給できる。

配車管理

顧客の注文に応じ、貨物の品目、荷姿、重量、容積に適した車輌を割り当て、その計画、作業、実行を行うこと。
NECの配送計画支援システム「ULTRAFIX」

配送

一定の地域圏内の納品など、近距離、小口、短時間での荷物の移動のこと。

配送管理

トラックの運行ルートや積み付けの順序、荷降しの方法、検品、配送コストの管理などを行うこと。

配送効率

トラックの利用効率を示す指標のこと。
実働率、積載率、実車率などがその要素となる。

バイヤーズコンソリデーション

フォワーダーがバイヤーに代わり、複数の調達先から商品を集め、船積地でコンテナに混載し、バイヤーへ輸送すること。
少量、多品種の小口貨物を目的地別に混載することで、コスト低減、リードタイムの短縮、在庫の削減、バイヤー側の入庫業務の軽減などの効果がある。

バケット

軽量な棚保管用小物品の収納容器。トレーやポリボックスがこれに当たる。

パッキングリスト

輸出入貨物の明細書のこと。
通関手続きの際に必要なパッケージごとの商品(品名)、個数、重量、荷姿、保険金額等が記入されている。
また、数量が少ない場合はインボイスで兼用し、作成されないこともある。

撥水段ボール

短時間の雨等で水が降りかかった場合に、水をはじき、浸透を防ぐように表面加工した段ボールのこと。

バッチ処理

コンピューターシステムでデータを一括処理すること。
反対に、入出庫による在庫を即時に更新する等を行うことは、リアルタイム処理と呼ばれる。

パッド

衝撃吸収効果を持った緩衝材で、対象製品に合った形状をしているもの。
材質は発泡材、ダンボールを組み立てたものなどが多い。
隙間を埋めるために用いる袋状のバラ緩衝材は該当しない。

ハブアンドスポーク

大拠点となる空港(ハブ)に貨物を集中させ、各拠点(スポーク)に分散して輸送する方式。
当初は、航空貨物輸送で始まったが、現在では船舶輸送や国内の陸上輸送でも使われている。
各拠点間を相互で輸送していたときに比べ、路線数の減少等、効率的な輸送が可能となる。

バラ積み

パレットを使用せず、段ボール箱等を1箱ずつ積み付けること。

バランサー

荷物の吊り上げに用いる機械で、人が貨物に手を添えて、または操作ハンドルに手を掛けて上下するだけで、自由に上下、水平に荷物の移動を可能にする。

梁下

倉庫の天井を支える横梁の最も低い部分から床面までの高さ。
パレットを積む場合に、梁下を考慮した高さになるため、保管効率や作業性に影響を与える。

バルクカーゴ

包装しないでそのまま積み込まれる(バラ積みされる)貨物のこと。

バルクキャリア

バラ積みされる貨物を専門に運ぶ船舶のこと。
鉄鉱石、穀物、石炭などのバラ積み貨物を容器に入れることなく船倉(貨物を積んで置く所)に積み、大量に輸送する。

バルク輸送

簡略化した包装方法、または包装がない状態で輸送すること。
液体をタンクローリーで輸送する、外装箱や緩衝材を省略した状態で輸送する事など。

パレタイズ

物品をパレットに積み付けること。

パレチゼーション

物品をパレットに積み上げたままの状態で、車輌、船舶、飛行機への積卸しや輸送が行われること。

パレット

一定の数量単位にまとめた荷物を載せる台でフォークの差入口があり、荷役、保管、輸送するために使用される。
パレットの種類には、二方差しパレット・四方差しパレット・桁くり抜きパレット・単面パレット、片面使用形パレット・両面使用形パレット・翼形パレット・ボックスパレット、ポストパレット・ロールパレット・ロールボックスパレットなどがある。

パレットサポート

貨物が積まれた状態のパレットを多段積みするために設置する柱状の棚のこと。
床に固定せず、レイアウトの変更に対応しやすいため、貨物の種類の変化が多い倉庫で使用されることが多い。

パレットトラック

パレットに積んだ貨物の運搬に用いる油圧昇降式の機器。
一般的には、ハンドリフトトラックやハンドパレットトラックと呼ばれる。

パレットプールシステム

複数の企業が同一のパレットを相互で利用するシステム。
パレットの輸送に使われたパレットが、荷物の積み替えなしに輸送機関や他社に渡されることで、相互に同一のパレットを使用できる。輸送の効率化とともに、一貫パレチゼーションの合理的な推進に繋がる。

パレットラック

パレットを保管するための柱とビームで構成された棚のこと。

パレットローダー

パレタイズされた貨物をコンテナやトラックの中へ押し込んだり、中から引き出すための荷役機器。
2本の埋め込みレールで1組2個のローダーを移動させるように作られている。
ローダーは約15㎜ほど上下でき、このローダーの上にパレットを載せて手押しにより移動させる。

パワーゲート

トラックの荷台の後部にある「あおり」を水平まで開き、昇降させることにより重量物等の積卸し作業が容易に行えるようにした省力化機器。

バンカーサーチャージ

燃費の高騰(下落)があった場合に通常料金に付加(割引)する料金のこと。

バンド掛け機

外装された貨物を輸送する時の保護や、取り扱いやすくするためにバンドで緊締する機械。

バンニング

コンテナ等に貨物を積み込むこと。
貨物の損傷からの保護や、貨物の収納効率を考慮するため、コンテナサイズや種別の選択、積み付け技術が重要となる。

ピース

商品の最小単位。ばらと同じ意味。

ピッキング

出荷指示に対して、その品物を倉庫(棚など)から選び出すこと。

ピッキングリスト

倉庫内でピッキングを行う際に利用する作業伝票のこと。
一般的には、商品を集めるために商品コードと数量が記載されている。また、商品の保管場所をロケーションコードで記載することで、ピッキング作業の効率化が行われる。

出荷指示に対して、その品物を倉庫(棚など)から選び出すこと。

引っ張り強度

試験片に荷重を加え、破断するときの強さのこと。
単位は、gf(グラムエフ)やmN(ミリニュートン)となる。

平置き(平積み)

物品を直接床に置き保管する方法。
床面に置いた平パレットの上に物品を載せユニット化したものを、段積みすることも平積みの一種である。直置き(直積み)と同じ意味。

ビルドトゥスーツ型

物流施設の開発や管理運営手法の一つ。
施設へ入居する荷主企業や物流企業の要望に沿った用地、設備のある物流施設を設計、建設、運営することで1社専用の施設を開発し、定期借家契約の賃貸で提供すること。

ファーストパーティロジスティクス

荷主企業が物流システムの計画、構築、管理を行うこと。

フォワーダー

自社では輸送手段を持たず、他社の船舶や航空機、鉄道、トラック等を利用し、荷主と契約して貨物輸送を行う事業者のこと。貨物利用運送事業者のこと。

フォワーダーチャーター

利用運送事業者(フォワーダー)が荷主と運送契約を結び、航空機1機の貨物スペースを全て借りること。

複々両面段ボール

中芯3枚を4枚のライナーで交互に貼付した3段構造の段ボール。
トライウォール,トリプルウォールとも呼ばれる。
一般的には、重量物の包装に使用される。

複合一貫輸送

同一の運送人が2種類以上の異なる輸送手段を用いて連続して輸送を行い、貨物の引受けから引渡しまで一貫して行うこと。
輸送手段には、航空機、船舶、鉄道、トラックなどがある。

複両面段ボール

中芯2枚を3枚のライナーで交互に貼付した2層段ボール。
重量物や壊れやすい物品の包装に使用される。

普通倉庫 (営業倉庫)

設備・建物構造などにより違いがある。
倉庫の種類ごとに、国土交通大臣の定める建築基準法その他の法令の規定に適合している必要がある。
法律上の分類として、普通倉庫の種類には、1類倉庫2類倉庫3類倉庫野積倉庫、貯蔵槽倉庫、危険品倉庫トランクルーム、がある。

プッシュプルフォーク

物品を載せたシートパレットの荷役を行う機器。

物流ABC

物流コストを管理する手法の一つで、ABC(Activity Based Costing)は「活動基準原価計算」と訳される。これで、物流業務の個々の作業(ピッキングや検品等)ごとのコストを明らかにする。方法は、作業内容別に、一つの作業にかかる単価と、処理量を分析する。これにより、一つの作業にかかったコストや時間が分かり活動原価が測れる。

物流VAN

Value Added Networkの略語で付加価値通信網のこと。
VAN業者が提供する通信回線を取引の多い荷主企業へ提供し、帳票、商品コード等のデータを交換する。この通信回線を使用すると、専用回線を使用するよりコストが安いというメリットがある。

物流拠点

倉庫、コンテナターミナル、流通センター、トラックターミナル、 デポなど物流の中間地点での施設をいう。

物流施設特化型リート(REIT)

REITはReal Estate Investment Trustの略で、不動産投資信託のこと。
投資家から集めた資金で不動産を購入し、賃貸収益や売却益を投資家に配当する。
アメリカで1960年に誕生し、1990年代に取引量の拡大に繋がった。日本では、2000年11月に施行された「投資信託及び、投資法人に関する法律」に基づき、投資商品としての取り扱いが可能となった。

物流センター

商品の入荷、積換え、保管、仕分け、流通加工、情報加工などを行い、注文に応じて品揃えし、配送する物流拠点のこと。

物流特殊指定

荷主企業と物流事業者の取引に関し、荷主の優越的地位の濫用を規制するために公正取引委員会が独占禁止法に違反するおそれのある行為事例を「不公正な取引方法」として、2004年4月に指定した。該当する行為には、(1) 買いたたき(2) 一方的な減額(3) 支払遅延(4) 購入・利用強制(5) 不当な経済上の利益の提供要請、等がある。

物流二法

「貨物自動車運送事業法」と「貨物運送取扱事業法」の2法のことをいい、前者はトラックを自ら運行して輸送する事業、後者は営業行為として輸送サービスを利用する事業を規定している。

物流ネットワーク

物流センターや配送センター、倉庫などの物流拠点と拠点間を結ぶ輸送ルートの組み合わせのこと。

物流不動産ファンド

投資家から資金を集め、て物流不動産を取得し、その物流不動産のスペースを貸し出すことで、収益を得ること。
物流施設が投資商品となる。

不定期定量方式

在庫が一定基準を下回った時点で一定量を発注する方式。出荷量の変動が少ない商品で使用される傾向が強い。
その他に「不定期不定量方式」「定期定量方式」「定期不定量方式」がある。

船荷証券

船会社が発行する船会社と荷主との間における運送条件を明示した運送契約書のこと。
船会社が海上輸送を委託され、指定港にて船荷証券に記載されている正当な荷受人へ貨物を引き渡すことを約束している。船荷証券はB/L(Bill of Lading)とも呼ばれる。

フューエルサーチャージ

燃料価格の高騰により、通常の運賃の適用が困難な場合に行う割増料金のこと。
通常、航空貨物や海運貨物の輸送に設定される。
フューエルサーチャージの設定には、国土交通省の認可が必要であり、燃料価格が基準値(1バレル当たり23.20米ドル)を一定期間上回った場合に、企業が申請する。

プラットフォーム

貨車やトラックに貨物を積卸しするための場所。

フリーロケーション

ロケーションとは物流拠点内において、物品を保管している場所に番地をつけること。フリーロケーションとはロケーション管理方法の一つで、入庫のつど入庫日、番地、品名、数量を管理すること。
保管において、販売動向に合わせた在庫量の変更が多い物品屋や商品構成の変化が起こりやすい物品に有効的である。
他のロケーション管理の方法に、固定ロケーションがある。

ブルウィップ効果

小売での需要変動が増幅してメーカーに伝わり、結果として過剰在庫を生み出す現象。

フルート

段ボールの中芯の波形部分のこと。

プル型物流

実際の需要に基づき減少した在庫分を補充する方式で、倉庫側が在庫の補充分を決定する方式。

フルコンテナ船

コンテナ貨物輸送専用の船。

フレートライナー

コンテナ貨物輸送の専用列車。

フレキシブルコンベア

伸縮性があり、カーブの形成が可能なコンベア。高さの調整、勾配を付けグラビティ(重力)搬送も可能。

フローラック

棚に傾斜があり、高所側から収納し、低所側から取り出す棚のこと。
傾斜がついているため、物品を収納すると、自動的に取り出し側に移動する。
先入れ先出しに効果的で、流動ラックとも呼ばれる。

プロフィットセンター

企業の組織内において利益を生む組織、利益に対し責任を持つ組織のこと。一般に事業部制における事業部がこれに当たる。

プロフォーマインボイス

見積書の役目を果たすインボイスのこと。
輸入相手国が事前の輸入許可等を義務付けている場合、輸出者は事前に買い手にプロフォーマインボイスを送り、輸入国の輸入許可を事前に受ける。

別送品(Unaccompanied baggage)

旅客又は船舶若しくは航空機の乗組員が別送する物品で入出国時に税関でその手続を行った物品のこと。

ベルトコンベア

ベルトの上に物品を載せて運ぶコンベアのこと。
使用されるベルトの部分は、ゴムやスチール、金網、織物ベルト等、搬送物に応じて使用される。ローラーコンベアと比較し、安価で軽量物に適する。

ベンチマーキング

他社の優れた水準や手法を目標対象にし、現在の自社のレベルやギャップを認識、把握すること。これにより、自社の改善や革新を行う。

ホイールコンベア

ローラーの代わりにホイールを並べたコンベアのこと。慣性の抵抗が小さいため、滞留する箇所に適用される。また、方向性が高いので、分岐用に使用されることもある。

ホイールベース

車輌の前輪と後輪中心部分を結んだ距離のこと。
床の耐荷重を計算する際に使用される。
ホイールベースが小さいと、幅の狭いコーナーを通行しやすい。

ホイスト

天井に取り付けたレールを走行し、物品を吊り上げるのに使用される機械。
これにより、広範囲の荷役を行える。

ポータブルコンベア

移動が手軽に出来るベルトコンベアのこと。
トラックから鉱石や砂利等を積み卸す際に使用される。

ホームポジション

立体自動倉庫の中で、スタッカークレーンの基準となる定位置のこと。
一般的に、入出庫口と一致する。

保管

倉庫内等で物品を管理すること。生産から消費の各工程に効率的に物品を供給するためのバッファ機能となっている。
保管形式は、自動倉庫やラック、平置きなどがある。

ポケットローディングシステム

配送中のトラックが路上で荷捌きを行うための小規模なスペースのこと。
小規模なスペースを複数個所整備、ネットワーク化し、インターネットやパケット通信により、予約が行える。
荷捌きが行える小規模スペースを設けることで、混雑の緩和やアイドリングの減少、路上駐車場を探すためのうろつき交通、配送管理の効率化に繋がる。

保税

輸出入貨物の関税が保留されたままの状態のこと。

保税上屋

輸出入貨物を保税状態のまま蔵置可能な倉庫。

保税運送

国内の保税地域間で保税状態の貨物を運送すること。
通関前の貨物を運送するため、発地の税関長への申告、承認が必要となる。
取締り上、支障のない貨物に関しては、1年以内であれば包括申請が可能となる。
また、コンテナ自体は別途に輸出入許可を受けるため、関税法上では保税運送の手続きを必要としない。
OLT(Overland Transport)とも呼ばれる。

保税工場(Customs Manufacturing Warehouse)

保税地域の一種類のこと。外国から日本へ到着した貨物について、関税などを課さないままで加工、製造できる場所として税関長が許可した場所をいう。これは、加工貿易振興のために設けられたもので、その加工又は製造の期間は原則として2年であるが、作業都合によっては、更に期間を延長することも認められている。⇒総合保税地域も参照

保税蔵置場(Customs Warehouse)

保税地域の一種類のこと。輸入手続がまだ済んでいない貨物、輸出の許可を受けた貨物、日本を通過する貨物(これらをあわせて外国貨物という。)を置くことができる場所として、税関長が許可した場所をいう。ここには、外国貨物を積卸し、又は蔵置(原則2年、延長可能)することができる。。⇒総合保税地域も参照

保税地域

保税状態の貨物をの保管、加工、製造、展示等ができる場所のこと。
保税地域は財務大臣の指定、または税関長の許可が必要であり、税関当局の管理下となる。また、機能的に5種類に区分される。
(1) 指定保税地域(2) 保持蔵置場(3) 保税工場(4) 保税展示場(5) 総合保税地域

保税展示場(Customs Display Area)

保税地域の一種類のこと。外国から日本へ到着した貨物を展示する会場として、税関長が許可した場所をいう。
これは、国際的な規模で行われる博覧会や公的機関が行う外国商品の展示会などの運営を円滑にするために、関税などを課さないままで、簡易な手続により展示したり、使用する場所として設けられたもの。⇒総合保税地域も参照

ボックスパレット

パレットの側面の3面を垂直側板で囲み、残りの1面は取り出し口となっているパレット。
固定式、取り外し式、折りたたみ式がある。
ボックスパレットに車輪がつくと、ロールボックスパレット(カーゴテーナ)になる。

ボックスレート

コンテナ1本当たりに決まった運賃を課すこと。
この運賃は輸送品目に係らず課せられる。